ソフトバンク光 オプション

> ソフトバンク光の不要なオプションを解約する方法と注意点

ソフトバンク光にはどんなオプションサービスがある?

ソフトバンク光 オプション

ソフトバンク光には、有料オプションが多くあります。
このオプションサービスには、快適にインターネットを利用するためのサービスから、生活を豊かにしてくれるサービスもあります。
便利なオプションサービスなのですが、有料オプションに知らないうちに加入させられているという苦情も多いようです。
不要なオプションを契約していると、月額料金も膨れ上がってしまいます。
どのようなオプションがあるのかを知って、不要なものは解約することが大切です。
このページでは、各オプションの特徴や月額料金、解約方法や注意点などをご紹介します。
不要なオプションは解約して、お得にソフトバンク光を利用しましょう。

 

Wi-Fi・無線LANに関するオプションサービス

・光BBユニット
光BBユニットは、ブロードバンドルーターのレンタルサービスです。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

 

・Wi-Fiマルチパック
面倒な配線なしでWi-Fiに接続するための機器がパックになったサービスです。
月額990円で利用できますが、別途光BBユニットのレンタル費用が必要です。

 

・無線LANパック
無線LANを利用してインターネットをしたい人向けのオプションサービスです。
月額料金はYahoo! BB ADSL、Yahoo! BB バリュープランで990円、Yahoo! BB ホワイトプランでは943円です。

 

・公衆無線LAN
このサービスは駅や飲食店、ホテルといった外出先でも無線LANが利用できるというものです。
月額利用料は290円です。

 

・ホームゲートウェイ
光電話や無線LANを使用する際に必要なブロードバンドルータをレンタルするためのサービスです。
新規で利用する場合の月額料金は450円です。

 

・無線LAN(N)
ホームゲートウェイ(N)を使って無線LANを利用するときに必要になるサービスです。
新規で利用する場合の月額料金は300円です。

 

電話サービス

ソフトバンク光は、ホワイト光電話、光電話(N)、BBフォンといった電話サービスも提供しています。
詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

テレビサービス

・ソフトバンク光テレビ
・ひかりTV
ソフトバンク光テレビ、ひかりTVは、光回線を利用したテレビサービスです。
サービス内容、月額料金などの詳細は、こちらのページをご覧ください。

 

・Netflix
Netflixは、映画やドラマ、アニメなどの映像を配信する世界最大のサービスです。
ストリーミング数によって3つのプランが用意されています。
ベーシックプランは650円(税抜)、スタンダードプランは950円(税抜)、プレミアムプランは1,450円(税抜)です。

 

・地デジチューナー
地上デジタル放送を視聴するためのサービスで、パソコンやタブレット、スマートフォンを利用して、家だけでなく外出先でも地デジを楽しむことができます。
もちろん録画機能もついており、録画予約や追いかけ再生も可能です。
月額料金は934円です。

 

生活支援サービス

・とく放題(B)
食料品が最大90%OFF、カラオケルームや遊園地の入園料が無料など、お得な割引が受けられるクーポンをもらうことができるサービスです。
月額利用料金は500円です。

 

・BBライフホームドクター
健康や病気に対しての悩みを相談できるサービスです。
健康相談ダイヤルでは24時間365日電話で相談でき、慢性病や女性の病気、介護情報相談、不妊治療相談にも対応しています。
月額利用料金500円です。

 

・BBマルシェ by 大地を守る会
有機野菜などを自宅まで送料無料で届けてくれる食品宅配サービス。
月額利用料金は458円です。

 

・BBお掃除&レスキュー
水トラブルや鍵の紛失など、日常生活で発生するトラブルに対応してくれるサービスです。
月額利用料金458円です。

 

・BBソフト
パソコンを利用する上で便利なソフトをブロードバンドで提供するサービスです。
月額利用料金(1ライセンス)300円です。

 

セキュリティ・サポート

・BBセキュリティ
パソコンだけでなくスマートフォンにも対応したセキュリティ対策です。
組み合わせは自由で3台まで利用することができます。
月額料金はオールインワン型の総合セキュリティタイプで570円、総合セキュリティタイプで490円、ウイルス対策タイプ320円、モバイルセキュリティタイプで300円です。

 

・BBサポートワイドサービス
パソコンでの困りごとを解決してくれるサービスです。
電話・リモートサポート、訪問サポートもあります。
BBサポートワイドプラス会員なら月額基本料金は500円、BBサポートは月額300円ですが1インシデント1,800円の別途料金が必要になります。

 

不要なオプションサービスを解約する方法

不要なオプションを利用していると、月額料金が膨れ上がってしまいます。
そのため、今利用しているオプションをよく確認して不要なら解約をすることをおすすめします。
オプションは、ソフトバンクのマイページから解約する方法と電話で解約する方法があります。
マイページを利用するのなら、ログインをしたら「オプションサービスのお手続き」のボタンをクリックします。
その後の画面に「お申込み中サービスのみを表示する」のボタンがあるのでクリックすると、利用中のオプションが表示され解約手続きができます。
電話で解約するときには「0800-111-2009」のソフトバンク総合窓口にかけます。
電話での解約時では手続きをスムーズに済ませるためにも、加入オプションが確認できる書類を用意しておきましょう。

 

オプションサービス解約時の注意点

光BBユニットを解約する時はここに注意

ソフトバンク光を利用する場合には、大抵の人が光BBユニットをレンタルしています。
光BBユニットのレンタルを解約することもできるのですが、いくつかの注意点があります。
解約をするとレンタルしている光BBユニットは返却する必要があり、この時の送料は自己負担となります。
また、解約をした場合には市販されているルーターを自分で用意しなければインターネットに接続できません。
さらに、光BBユニットは光電話対応器ともなっているため、光電話機能を停止する必要があります。
光電話機能は電話やネットから停止することができ、電話ではお問い合わせ窓口の「0800-1111-820」に連絡をします。

 

おうち割 光セットに加入している方も解約は慎重に

不要なオプションを解約することで月額料金を抑えることができるのですが、「おうち割り 光セット」に加入している場合には解約を慎重に行う必要があります。
というのも、このサービスには、「特定のオプションサービスを利用する」という加入条件が付けられているからです。
この条件を満たすことで、スマートフォンの月額料金を割引くサービスが受けられるのですが、対象となっているオプションサービスを解約してしまうと、割引サービスが終了になってしまいます。
オプションを解約するときには、対象となっているオプションサービスをしっかりと確認してから行うようにしましょう。

 

オプションサービスの料金は返金してもらえる?

ソフトバンク光と契約した際、身に覚えのないオプションに加入させられ、月額料金が高くついてしまうと苦情を訴える人も多いようです。
しっかりとした説明も受けていないのにオプションを契約している場合、月額料金を返金してもらえないかと考える人もいるでしょう。
もしも返金を希望するのなら、消費者生活センターに相談することをおすすめします。
消費者生活センターは全国に設置され、商品やサービスなどを利用した時の苦情などを受け付けている機関で、ここに相談すると返金してもらえることがあるようです。
身に覚えのないソフトバンク光のオプションに加入していた場合には、消費者生活センターに相談してみましょう。